• maxonのドライブシステムで再び歩行が可能に

    スイス製のモータが世界中で外骨格を駆動

    チューリッヒで開催される第1回サイバスロンにおいて、世界中から研究者が集まり、下半身麻痺患者の歩行を再び可能にする最新式の外骨格を披露します。スイス製モータはこうした外骨格の開発の要となる部品です。

  • drive.tech – 多彩な技術情報を紹介する新しいウェブサイト

    ドライブシステム技術に関する読み物やブログ、イノベーションを紹介

    ドライブシステムの技術に関心を持つ人々に朗報です。同分野に関するエキサイティングな話題、ニュースやブログ記事を紹介するウェブサイト、drive.techがこのたびスタートしました。この新設ウェブサイトは、これからスタートアップする方や学生によるプロジェクトのためのプラットフォームとしてもご利用いただけるよう、スイスのマクソンモータがサポートしてゆきます。

  • EPOS4位置制御ユニット

    モーションコントロール用のコンパクトなパワー

    maxon motorのEPOSシリーズは、10年以上に渡って市場で大きな支持を集めている製品です。 世界中の導入件数は10万ユニットを超えています。 ドライブシステムのスペシャリストとしてこの成功を今後も継続していくため、 maxonはこのたび、EPOS4をこの位置制御ユニットの次世代モデルとしてシリーズに導入します。

  • maxonでスピードを追求

    新型の高速ドライブシステムとコントローラが登場

    スイスのドライブシステムのスペシャリスト、maxon motorはこの春、超高速のブラシレスDCモータや堅牢なプラネタリギアヘッドからモジュラー式コントローラまで、多数の新製品を世に送り出します。これらの新製品によってこれまでになく直観的なドライブシステムが実現します。

  • 深海:未探索の世界を探る技術

    詳しい記事はマクソンの「driven」マガジンに掲載

  • メカトロニクスの新たな拠点が誕生

    maxon がギスヴィルに新会社MARSを創設

    今年、maxonはBIKEDRIVEと共に、電動アシストスポーツサイクル e-bike 向けのパワフルなモータを発表しました。 しかしこれはほんの始まりに過ぎません。 新設のビジネスユニットMARS(maxon advanced robotics & systems : maxon 先進ロボット工学&システム) は、メカトロニクス分野のドライブシステムに総力を傾けます。 ロボット工学分野に向けた、エキサイティングな製品の登場が期待されます。

  • 家庭や職場で: あなたにとってロボットとは?

    maxon motorマガジン「driven」最新号はロボティクス特集!

    人間とロボットの距離はこの数年間で大きく縮まりつつあります。 この傾向は家庭内でも職場でも見られます。 私たちはどのようにしてロボットと共生していくのでしょう? その技術的な課題とは? その答えはmaxon motorマガジン「driven」最新号をお読みください。

  • リニアな位置決めを実現する超小型スピンドル

    マクソンのスピンドルドライブGP 6 S

    直径6 mm のマイクロスピンドルドライブGP 6 S のメタルバージョンが登場しました。 コストパフォーマンスの優れたスピンドルドライブです。

  • 手術での難しい作業もこなす、ブラシレスDCモータ

    減菌処理に対応するマクソンのEC-4pole 30

    信頼のおけるマクソンのブラシレスDCモータ、EC-4pole 30は高トルク (106 mNm) かつ減菌処理にも対応。
    医療用ハンドツールに最適のドライブシステムとなっています。

  • マクソン最小のDCモータ      小さなボディで大きな可能性

    マクソンのマイクロドライブEC 4が新しいスタンダードを確立

    マクソンが提供する最小のDCモータは、厚さわずか4 mm。長さは2タイプから選択可能です。ISO規格13485に準拠するこのブラシレスマイクロドライブは、医療分野での使用に特に適しています。

  • 無類のパワーを持ったインナーロータ型ドライブ

    マクソンが新しい高トルクDCモータを発表

    このたびマクソンモータから、極めて高いトルクが必要とされる分野に対応した高トルク仕様のDCモータ「EC-i 40 高トルクバージョン」が登場しました。このインナーロータタイプのモータは直径40ミリメートルで、最大連続トルクは234 mNmに達します。

  • マクソンモータマガジン 「driven」: 新たな世界へ

    宇宙での難しいミッションが、ドライブシステムを待ち構えています

    火星で生物を探したり、月のクレーターを調査するローバー。太陽に近接して飛行する探索機。 マクソンモータマガジン「driven」の最新号は宇宙でのエキサイティングなミッションを特集し、どんな過酷な条件の下でDCモータが機能しなければならないかを紹介します。

  • オーダーメイドのDCモータ。さらに広がる選択肢

    拡張するマクソンのカスタマイズ・プログラム

    マクソンモータの人気シリーズX drivesでは、サイズの選択肢とプラネタリギアヘッドの種類がさらに増えました。これにより、お客様のニーズに応じてDCモータをオンラインで組み合わせることが、これまでになく手軽にできるようになりました。

     

  • EPOS2位置制御ユニットが、さらに多くのプラットフォームをサポート

    容易に接続・連携

    マクソンのDCモータおよびBLDCモータ対応EPOS2ドライブシステム制御装置にさらなる用途のオプションが加わります。旧来のPLCシステムに代わってコンピュータベースのコマンドを使用するケースは、ますます普及しつつあります。このためCANopenインターフェースでは、既存のソリューション(NIIXXATVector)のほか、新たにKvaserNI-XNETのデバイスもサポートするようになりました。WindowsまたはLinuxUSBまたはRS232を介したシリアル通信を行うコンピュータプラットフォームにとって、新しい可能性が広がることになります。さらに既存のIntel/AMDライブラリ(Windows 32/64ビット、Linux 32ビット)に、Linux 64ビットバージョンが加わります。32ビットのARMv6/v7ソリューションの追加サポートにより、Raspberry PiBeagleBoneといった流行のプラットフォームでの幅広い使用も可能となります。「Easy-to-use POsitioning System」(簡単に使える位置決めシステム)の基本理念に忠実に、無料で使用可能なライブラリを用いた様々なソリューションのための容易かつ迅速な連携をサポートしています。

  • ESCON Module 24/2サーボコントローラ

    超小型の外観に秘められた強力な内面

    マクソンモータが今回発表する切手サイズの小型OEMプラグインモジュールは、すでに成功を収めているESCONサーボコントローラシリーズの幅をさらに広げています。高出力の4象限PWMサーボアンプは、連続出力が48 Wまで、最高出力が144 Wまでの永久磁石内蔵ブラシ付きDCモータとホールセンサ付きBLDCモータ(ブラシレスDCモータ、ECモータ)を効率的に制御します。ESCONシリーズに属するこの製品は、使いやすさと多彩なパフォーマンス、そしてサーボコントローラ技術の分野におけるかつてない出力密度を誇ります。使いやすさ、機能性、保護機能、高パフォーマンス。これらすべての点において、同製品の性能は現在、卓越した領域に達しています。

    今回追加された、RCサーボ信号による回転数または電流設定値、電流制限オフセット、アナログ加減速度の指令オプションといった新機能は、ESCONサーボコントローラシリーズをますます充実したものにしています。

  • 彗星への投下成功 – マクソンモータも祝福します!

    ロゼッタ・ミッションはスイスのドライブテクノロジーを採用しています。

    本日、欧州宇宙機関(ESA)は実験機「フィラエ」のチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星着 陸に成功しました。実験機は、生命の起源を解明する重要な手がかりを提供するための10の装置を備えています。ドライブシステムのスペシャリスト・マクソ ンモータが製造した2つのDCモータがこのミッションに搭載されています。

  • より豊富なバリエーションで、よりパワフルに:新たなDCXモータとGPXギアヘッド

    maxon X drivesファミリーに新しい仲間が登場

    さらにパワフルに、さらに効率的に、さらに多くの組合せが可能に。カスタマイズ可能なmaxon X drives製品ファミリーに新しい仲間が加わりました。より大きなトルクおよび出力を実現するブラシ付きDCモータには様々な長さのバージョンが揃い、ラインアップがますます充実しています。また、これに対応する3段仕様のプラネタリギアヘッドはサイズの小さいモータと組み合わせることも可能なため、スペース、重量、コストの節約につながっています。

     

  • driven 2//14:The operating room of the future

    ハイテクで健康と美を

    マクソンモータマガジン「driven」の最新号が発行されました。手術用ロボット「ダ・ヴィンチ」を操作する外科医、心臓病患者のための新たなデバイス、世界初のワイヤレス・タトゥーマシンなどについてご紹介しています。

  • 製品ナビゲータ

    お問い合わせ

    マクソンジャパン株式会社

    東京都新宿区新宿 5-1-15〒 160-0022日本
    03-3350-4261 03-3350-4230
    お問い合わせ