ロボットと人間が 手に手を取って協力する未来へ

バリケードに囲まれて決められた動きだけを行うロボットは過去のものになりつつあります。スイスのある若い会社で研究が進めてられている ロボットアームは、変化する状況に合わせた対応が可能で、学習能力もあります。あなたの家庭でロボットが家事を手伝う日も近いかもしれません

ロボット工学の技術は大きな飛躍を遂げています。ロボットは今、前もって決められている動きを忠実にこなすだけの機械から、インタラクティブに様々な作業の補助をする助手へと進化しています。バリケードや光電センサで隔離されることなく自由に動くこのロボットは、人間に対する安全性を脅かすこともありません。その様子は、ハリウッド映画「アイアンマン」で垣間見れます。主役のロバート・ダウニー・Jrの横でロボットアームがはんだを持ったりネジを締めたり、必要な工具を渡したりして作業を手伝うシーンがあるのです。

合成皮革で覆われたロボット
このような場面が実際に見られるようになるのも、そう遠い未来ではないかもしれません。これこそが、スイスにあるF&P Robotics社が思い描いている未来です。同社の20人のスタッフが開発したロボットは、仕事場におけるこれまでの人間と機械の関係を180度変える可能性を秘めています。標準仕様で高さ1.1 m、作業半径80 cm、6自由度のロボットアームは、P-Rob(「Personal-Robot」の略)と呼ばれます。機械構造部分はアルミ製ですが、外側全体は使用者が親しみを持てるように高品質の合成皮革で覆われています。

「私たちの目標は、現在のパーソナルロボットのレベルをP-Robで一段階引き上げることです」とF&P Robotics社CEOのハンスリューディ・フリュー氏は語ります。彼の頭の中ではこのロボットの用途がすでに明確にイメージされており、ラボオートメーションや産業オートメーション分野が最適であるとされています。「例えばタンクや容器の取り扱い、あるいは品質管理の用途にロボットは役立つことができます」。今回開発された新しいソフトウェアとの連携プレーで、P-Robはモノを認識したり、つかんだり、巧みに操りながら、同時に変化する周囲の状況も絶えず知覚し、人が近寄って来たときにも正しい対応ができるようになりました。

「我が社が開発したこのロボットは、常に状況を分析し、それをもとに自分で最善の行動を判断して実行することができます。」

F&P Robotics社CEOハンスリューディ・フリュー氏

F&P Robotics社の見解によると、これはまだほんの始まりでしかありません。次の段階では、P-Robは他のロボットアームや人間と連携し、人間の社会的な態度を認識することで自律的に動作する機械となります。「このロボットは、常に状況を分析し、それをもとに自分で最善の行動を判断して実行することができます。」とハンスリューディ・フリュー氏は言います。それはつまり、例えば製造ラインに不具合があったときにロボットが自分一人でそれを取り除けるようになることを意味します。そうすれば、不測の事象が起こるたびに製造ラインをストップしなければならない現状が変わります。

ハンスリューディ・フリュー氏の構想には、5~10年後にはロボットが食事の準備をしたり、あらゆる家事作業を補助するようになることも含まれています。「我が社では安心して使うことができる安全な対話型インテリジェントロボットアームを作ることを目指しています。そうすればロボットは単なる機械ではなく、助手や友人のような存在になることでしょう。」

ブラシレスDCモータが精密な動作を実現
F&P Robotics社は、このロボットアームの駆動にマクソンのブラシレスDCドライブを採用しました。P-Robの関節やグリッパには、直径45 mmおよび90 mm、出力70 Wおよび90 WのECフラットモータが最大8個まで装備されています。高パワー、コンパクトな形状、優れた放熱性を特長とするこのモータは、ロボット工学分野における最適なソリューションです。「特にこのモータのフラットな形状に、大きな利点を見出しました」とハンスリューディ・フリュー氏は述べています。このフラットモータとマクソン製センサを組み合わせると、ドライブシステムの電流からトルクを簡単に確認でき、出力の測定にも役立ちます。

また、このドライブシステムが簡単に制御できて使いやすいことも、採用を決める大きな理由となりました。P-Robはラップトップコンピュータで手軽に制御したりプログラムできるため、様々な分野から多くの関心を集めています。実際に、この最新型ロボットアームを用いた最初のプロジェクトはすでに進行中で、その他にも様々なプロジェクトが予定されています。このことから、産業面でも、私たち一人ひとりの生活でも、人間とロボットの関わり合いが今後より一層深くなっていくことは間違いないでしょう。F&P Robotics社とマクソンモータは今後も先頭に立ってこのような開発を進めたいと考えています。

 © maxon motor ag

製品ナビゲータ

弊社の製品ナビゲータをもうご存知ですか?

 

ショップにてダイレクトオーダーを素早く完了できます。

 

コンフィギュレータの注目すべき点。 弊社特製のXドライブ製品シリーズで、カスタマイズの可能性をくまなくご体験ください。

ぜひお試しください!

 

セレクションプログラム。
もうご存知ですか? 使用環境に関する

特殊な要件はありますか? まさにここで、これらのパラメータを使い、皆様にとって最適なドライブシステムを見つけることができます。

 

maxon の応用分野。

弊社製品が使用されているさまざまな業界での、エキサイティングなエピソードをお読みください。

お問い合わせ

マクソンジャパン株式会社

東京都新宿区新宿 5-1-15〒 160-0022日本
03-3350-4261 03-3350-4230
お問い合わせ