正確な穿刺

今日、様々な手術でロボットによる支援システムが存在しています。その一方で、眼科手術においては従来この技術を用いることができませんでした。 しかし、オランダのある会社がこの状況を変えました。これは世界で初の功績となります。

網膜疾患による視力障害に悩む人々の数は、世界中で5000万~7000万人にものぼります。 しかし今までは、大 多数の症例においては適正な処置ができない現状がありました。 目の手術は、外科医にとって常に大きな挑戦です。 まず、安 定した手さばきが根本的な条件となります。 網膜剥離の処置等、目の手術では最高レベルの精度が要求されます。 しかし人間の手が実現する精度は、ロボット支援施術にはとてもかないません。

10~20倍の高精度

このような背景から、オ ランダのアインドホーヴェン大学から独立し別会社となったPreceyes社は眼科手術のための画期的なロボットシステムを開発しました。 特に網膜疾患の治療では、この支援システムが人間の手より10~20倍高い精度を実現しています。 これにより、従 来は精度の不足のためにできなかった目の手術が可能となっています。 これは患者にとって非常に大きな収穫であるだけではなく、ロ ボットの支援によって従来よりはるかに効果的かつ高精度で作業ができるようになった外科医にとっても大きな進歩です。 この世界初のロボット支援による眼内手術がオックスフォードのジョンラドクリフ病院で実行され、無事成功を収めました。 「 これは10年来の努力の賜物です。 マクラレン教授は、この手術を容易にやってのけました。こ の事実はロボット支援を導入した目の手術において重要な進歩であると同時に、当社の技術を実証するものです」と、P receyes社の最高医事責任執行役員であるマーク・デ・スメットMDは語ります。

触感フィードバック機能

この機能の作動方法はごくシンプルです。 執刀医は患者の頭の脇に座り、顕微鏡を覗きながら片手でジョイスティックを操作します。す るとその動作がロボットアーム(スレーブ)に伝達されるという仕組みです。 ロボットはこの動作を縮小します。つまり、執 刀医がジョイスティックを1cm動かすとロボットアームの先端部は1mmのみ動くということになります。 もう片方の手は、必 要に応じて手動動作を行います。 また、このシステムは手術を動作制御のみでも行えるように設計されています。 その場合は、ジ ョイスティック2本とロボットアーム2本を使用します。

執刀医が見ることができるだけではなく、動作を肌で感じることもできる触感フィードバック機能に加えて、こ のロボットシステムは迅速なツール交換も可能にしています。 手術時間の短縮に一役買うこの機能は、重要なファクターとなっています。 ロボットアームの動作は高精度のマクソンドライブシステムによって実行されます。

 © maxon motor ag

製品ナビゲータ

弊社の製品ナビゲータをもうご存知ですか?

 

ショップにてダイレクトオーダーを素早く完了できます。

 

コンフィギュレータの注目すべき点。 弊社特製のXドライブ製品シリーズで、カスタマイズの可能性をくまなくご体験ください。

ぜひお試しください!

 

セレクションプログラム。
もうご存知ですか? 使用環境に関する

特殊な要件はありますか? まさにここで、これらのパラメータを使い、皆様にとって最適なドライブシステムを見つけることができます。

 

maxon の応用分野。

弊社製品が使用されているさまざまな業界での、エキサイティングなエピソードをお読みください。

お問い合わせ

マクソンジャパン株式会社

東京都新宿区新宿 5-1-15〒 160-0022日本
03-3350-4261 03-3350-4230
お問い合わせ