突然の 月面探索ブーム

地球の小さな隣人、月。もう何十年もの間、月に大きな関心が向かうことはありませんでした。 しかし今、学術界は再び月に注目しています。 今後数年間だけでも複数の月面着陸ミッションが予定されています。また米国のある大学は、ミニ・ローバーの開発でこの流れに先んじています。

まるで月はその輝きを失ってしまったかのようでした。 1970年代初頭のNASAによる有人ミッションの終了後、宇 宙飛行に携わる各国の当局は 国際宇宙ステーションISS、火星、銀河探査などに優先順位を移していったのです。 しかしそれから40年が経過した今、月は再び注目の的となっています。 中国、日本、インドといった国々は既に月面着陸を実行したり、ま たは今後数年内にローバーミッションを敢行する計画を立てています。 しかし、ある小さな企業が、こうした国々を追い抜くかもしれないのです。

Google XLunar Prize 獲得を見据えて

米国ピッツバーグを拠点とする新興企業、Astrobotic Technology社。同社は2016年の夏、1 機のランダーと小型ローバーを月へ送る予定です。 この計画が成功すれば、ちょっとしたセンセーションとなることでしょう。 なぜなら、こ れは月における初の民間組織による宇宙ミッションとなるからです。 さらにこれにより、A strobotic社はGoogle社の月面無人探査機コンテスト「Google Lunar XPRIZE」(GLXP)で も優勝が見込まれます。 このコンテストでは、誰よりも先に月面に着陸し、500 mを走行してビデオ映像を地球に送ることができた民間企業が、 優勝賞金である2000万ドルを獲得することになります。 コンテストの〆切は何回か延長されていますが、現 在は2016年末が〆切日となっています。

新興企業Astrobotic社は、2008年にロボット工学の専門家ウィリアム・«レッド»・ウィットカーによって設立されました。同 社はカーネギーメロン大学 (CMU) のロボット工学研究所のスピンオフとして設立された会社で、現在も大学と密接な連携・協 力関係にあります。 また同社は、月への安価な物資輸送の実現を長期的な目標として据えています。

ローバーによる洞窟探索
Astrobotic社の初のミッションでは、自作のランダー「グリフィン」そしてローバー「アンディ」が月面に降り立つ予定です。 カーネギーメロン大学の研究者および学生から成るグループが作り上げた同機は、洞窟に焦点を当てた探査を行います。 その理由は、月 で発見された洞窟が地下トンネルに続く入口である可能性が学者によって指摘されているからです。 このような地下トンネルは、将 来的に人間が放射線、超小型惑星や気温の変動などから身を守るための理想的な基地となり得ることでしょう。

ポール・ポジションからのスタート
「アンディ」がGoogle社の賞を勝ち取るかどうかは、今後明らかになるでしょう。 Astrobotic社は、同じくLunar XPrizeに挑戦する他のライバルに有料でランダーの共同使用を提供する計画を立てており、 既に話し合いを進めています。 このランダー共同使用計画が実現すれば、人類は史上初の月面ローバーレースをこの目で見ることになります。 しかし現時点では、A strobotic社とカーネギーメロン大学は他を圧倒的に引き離し、最も有利なスタート位置、いわゆるポール・ポジションに立っています。 その証拠として、彼らはGoogleによる2015年1月の中間賞においても「ランダーシステム」「イメージング」そして「モビリティ」の 3部門で受賞を果たし、総額175万ユーロの賞金を獲得しました。 この際、同 チームは自分達の作り上げたローバーが真空状態および月での過酷な環境においても機能することを証明する必要がありました。 ローバー「 アンディ」は様々なテストで素晴らしい成績を収めています。

開発者とカーネギーメロン大学の学生は9か月間にわたる「アンディ」の開発過程において、安 価かつ目的に適ったローバーを作り上げることに意識を注ぎ、このため多くの標準コンポーネントを採用しました。 4つの車輪のドライブシステムとしてはマクソンのブラシレスモータEC-4poleがプラネタリギアヘッドGP 32 HDと共に使用されています。カーネギーメロン大学ロボット工学のマスター課程で研究を続ける学生であり、「アンディ」プ ロジェクトの技術責任者であるジョン・アンダーソン氏は「この組み合わせによって、い かなる障害物をも乗り越えられるであろうトルクを得ることができました」と述べています。 宇宙空間での条件に耐えるため、こ のドライブには潤滑剤や配線基板に軽微なカスタマイズが施されました。 チームは宇宙プロジェクトにおけるマクソンモータの経験の豊富さを重視しています。 アンダーソン氏は、 「マクソンモータのおかげで、私 たちの仕事はとてもやり易くなりました。月への道のりにはまだ乗り越えるべき障害が幾つかありますが、 モータの問題を解決してくれるマクソンモータのような信頼できるパートナーを得たことは、私たちにとって本当にプラスになっています」と 述べています。

 © maxon motor ag

製品ナビゲータ

弊社の製品ナビゲータをもうご存知ですか?

 

ショップにてダイレクトオーダーを素早く完了できます。

 

コンフィギュレータの注目すべき点。 弊社特製のXドライブ製品シリーズで、カスタマイズの可能性をくまなくご体験ください。

ぜひお試しください!

 

セレクションプログラム。
もうご存知ですか? 使用環境に関する

特殊な要件はありますか? まさにここで、これらのパラメータを使い、皆様にとって最適なドライブシステムを見つけることができます。

 

maxon の応用分野。

弊社製品が使用されているさまざまな業界での、エキサイティングなエピソードをお読みください。

お問い合わせ

マクソンジャパン株式会社

東京都新宿区新宿 5-1-15〒 160-0022日本
03-3350-4261 03-3350-4230
お問い合わせ